債務整理TOP > 

債務整理は自分でもできますか?

当サイトでは、365日24時間、借金に関する相談を専門相談員が無料で受け付けています。

債務整理は自分でもできますか?
 

債務整理の中でも手続きによります。まず裁判所を通す自己破産や個人再生は大変ですが個人でも手続きをすることができます。 任意整理は個人ではまずできません。

手続きによって出来る出来ないがあるんですね、まず任意整理ですが、「まずできない」というのはどういう事でしょうか?

任意整理は裁判所を通さず直接金融業者と減額や金利の引き直しを交渉する方法です。この交渉に関して資格が必要なわけではないため、個人でも交渉をすることは可能です。 ただし、金融業者は個人をほとんど相手にしません。(これは過払い請求も一緒です) 逆に取立てが厳しくなったり、早期の返済を求められる事もあります。

なぜ個人で任意整理しようと思うと金融業者は相手にしてもらえないのですか?
 

任意整理は自己破産や個人再生と違い法的なものではなく、あくまで「お金を借りている人」と「お金を借している人」の間だけの和解交渉です。 もちろん金融業者は交渉に応じなくてもいいので、金融業者は交渉してくれたとしても金融業者に有利な形の和解になってしまうのがほとんどです。

弁護士や司法書士に任意整理を頼むと何が違うのですか?
 

弁護士や司法書士は金利の引き直しもしっかりできますし、交渉術も持っています。金融業者は弁護士や司法書士との争いは時間の無駄という事で、すぐに和解する事が多いです。 弁護士や司法書士に頼まない場合は裁判所を通して行う特定調停というものもあります。

特定調停と任意整理の違いは何ですか?
 

特定調停は裁判所を通して行う任意整理です。任意整理との違いは裁判所を通すことにより、調停調書が作成され、これは確定判決と同じ効力があります。 つまり、特定調停後に返済が遅れたりできなくなった場合、訴訟を起こさずに給与の差押え等の強制執行手続ができます。 この部分が任意整理との大きな違いでもあり、個人による任意整理を金融業者が応じない理由でもあります。

債務整理は自分でもできますか?のまとめ

自分で任意整理をすることはかなり難しい、債権者に有利な和解案を出される為、自分で行う場合は裁判所を通した特定調停を行うのが一般的。ただしデメリットもある。

そのデメリットを理解し、特定調停にするか、弁護士や司法書士に任意整理を頼むか決めるといいでしょう。


債務整理の要点まとめ

各債務整理の値段をリサーチし表で比較。しっかり費用を確認しないと大きな差が出ます。

債務整理の費用まとめ

無料相談も多数ありますが、中には有料の法律事務所も。相談する前にチェックする項目一覧

債務整理の相談まとめ

各債務整理のメリット・デメリットを徹底解析。どの手続きがいいのか分からない人へ

債務整理デメリットまとめ

債務整理について

自己破産の相談員
メールで自己破産の無料相談