当サイトでは、365日24時間、借金に関する相談を専門相談員が無料で受け付けています。

借金問題・借金返済の悩み、放置は危険です。

借金問題を解決せずにそのまま放置しておくと、最終的には差し押さえまで行ってしまいます。

借金の返済が出来ない、返済が苦しいなど借金に関する悩みが出た場合は早めに司法書士や弁護士などの法律事務所に相談しましょう。

どうしようもないから・・・とそのままにしておくと

  • 1.借金が返せない、返済が苦しい
  • 減給やリストラなど様々な要因がありますが、借金の返済が出来なくなったり、苦しくなり自転車操業になり、滞納が始まります。本当はこの時点で無料相談などを利用して借金の整理を考えるべきです。

  • 2.借金滞納・ローン滞納に対する催促の電話
  • 借金やローンの滞納が始まると借入先の金融機関から電話や手紙での催促があります。法律が厳しくなってから無理な取立てはありませんが、定期的な電話での催促や手紙での催促が来ますので、家族に秘密で借金している場合知られてしまう可能性が高くなります。さらに遅延損害金もかかるため借金がさらに増えます

  • 3.金融機関からの一括返済の請求
  • それでも返済が出来ない場合は金融業者から一括返済の請求があります。これは一括で返ってくる事を期待してのものではなく、この後にある訴訟→差し押さえの為の準備の意味合いが強いです。

  • 4.裁判所からの通知
  • 貸金業者が訴訟を起こし、その通知が裁判所から届きます。裁判所からの決定が下ってしまうと従うしかなくなります。

  • 5.財産や給料の差し押さえ
  • 裁判で貸金業者が差し押さえをする権利を認められてしまうと、財産や給料が差し押さえられます。会社勤めの方は会社に借金を滞納していることが知られてしまいますし、完済するまで毎月給料の一部が返済に充てられます。

    借金に関する問題は放置すれば放置するほど悪化していきます。逆に早い段階で相談すれば解決方法も選択肢が増える事が多くなります。

    借金の返済が苦しい、借金を滞納している方は早めにご相談ください。

    借金問題・借金返済の悩み、解決チャート

    借金返済について

    自己破産の相談員
    メールで自己破産の無料相談