債務整理TOP > 

債務整理中に生活保護を受ける事はできますか?

当サイトでは、365日24時間、借金に関する相談を専門相談員が無料で受け付けています。

債務整理中に生活保護を受ける事はできますか?
 

生活保護制度によって支給されたお金を借金の返済に充てる事はできません(借金が理由の生活苦は生活保護の対象外な為)ので、債務整理の中でも任意整理や個人再生などの減額された借金を返済していくような債務整理中では生活保護を受ける事はできません。
任意整理や個人再生をした後に何かしらの理由(病気やリストラ等)で収入がなくなったりで返済が出来なくなってしまった場合は、自己破産で一度借金を無くしてから、生活保護の申請をする必要があります。

生活保護の申請をする際には借金をしていてはいけないという事ですか?
 

そういう事になります。中には借金をかくして生活保護を受けているという人もいるようですが、受給の規則に反していることになるため、役所に知られた場合は返済額を生活保護の支給額から引かれたり、厳しいところでは生活保護が打ち切られます。
ですので、生活保護の申請をする前に借金があるのであれば必ず自己破産をして借金を0にしておかなければいけません。


債務整理の要点まとめ

各債務整理の値段をリサーチし表で比較。しっかり費用を確認しないと大きな差が出ます。

債務整理の費用まとめ

無料相談も多数ありますが、中には有料の法律事務所も。相談する前にチェックする項目一覧

債務整理の相談まとめ

各債務整理のメリット・デメリットを徹底解析。どの手続きがいいのか分からない人へ

債務整理デメリットまとめ

債務整理について

自己破産の相談員
メールで自己破産の無料相談