任意整理TOP > 

個人でもできる任意整理

当サイトでは、365日24時間、借金に関する相談を専門相談員が無料で受け付けています。

保証人やめんどうな手続き、厳しい審査などを経ずにお金を手軽に借りることができる消費者金融は、たしかに急遽お金を必要としている人などには重宝なものです。

返済方法にしても毎月好きな額だけ返せるリボ払いなどを利用できるため、ついつい借りすぎてしまうことにもなりかねません。

こういった消費者金融のローンは借りるときはいいのですが、後々さまざまなトラブルの種になることが多いものです。

毎月少しずつリボ払いで返してきたつもりなのに、何年たっても債務が減らず、気がついたら200万円の借金がたまっていたといったことにもなりかねません。

それでも返しつづけていける間はいいのですが、数社の消費者金融から借りては返し、借りては返しを重ねているとどうにもならない状況に陥ってしまうこともあります。

任意整理とは

そんな場合には債務整理を行って一からやり直しをするのが一番ですが、債務整理の中でも複数の債務の中から整理したいものをチョイスすることができるのが「任意整理」という方法です。

この任意整理をすれば、払い過ぎてしまった利息を引き直して計算した後の金額だけを返済していくように交渉することができるため、毎月の返済額が現状よりも少なくなり、生活がかなり楽になることはまちがいありません。

任意整理はある程度の法的知識があれば自分でできないこともありませんので、チャレンジしようという意欲のある人は自分でやってみるのもいいアイディアではないかと思います。

自分でやれば弁護士にかかる費用をまるまる節約することもできますので、非常に経済的です。

自分でもできる任意整理

自分で任意整理を行うにあたっては、まず債権先である消費者金融やクレジットカード会社から「取引履歴」というものを取り寄せます。

この取引履歴を元にして引き直し計算を行い、現在の正確な債務残高を法定利息に照らして算出します。

必要事項を入力すれば引き直し計算をやってくれるソフトなどもいろいろありますので、上手に利用したいものです。

債務残高が出たら、これを3年間程度にわたって利息無しで返済していくように債権者と交渉を行うことになります。

債権者は金融や法律の知識に長けていますから、うまく丸め込まれないようにしっかりと交渉をしなければなりません。

任意整理を自分でやる場合、この交渉で失敗してしまうこともけっこうあるようですので、「ここまでは譲れる」「これ以上は譲歩できない」というラインを自分でしっかりと決めておくことが必要です。


任意整理について

自己破産の相談員
メールで自己破産の無料相談