任意整理TOP > 

専門家へ任意整理依頼するワケ

当サイトでは、365日24時間、借金に関する相談を専門相談員が無料で受け付けています。

任意整理は債務整理の中でも特殊な部類に入るもので、法的拘束力がないという大きな特徴があります。

消費者金融ばかりではなくて親戚や友人からもお金を借りていて、消費者金融の債務だけを整理したいなどという場合には整理範囲をチョイスできるこの任意整理がおすすめですが、自分で任意整理を行おうと思うと、かなりの心構えも必要となってくることを忘れてはいけません。

法的拘束力がない分、ずぶの素人が自分ひとりで金融業者と交渉をしようと思っても相手にしてもらえないことが多いものです。

金融業者の担当などに電話をしても、都合が悪いと居留守を使われてしまったりすることもよくありますし、過払い金などが発生していても話すら聞いてもらえないこともしばしばあると聞きます。

専門家に頼むメリット

任意整理においては、これまでに払い過ぎた利息の精算をすると同時に今後の返済方法についても債権者と話し合わなければなりませんが、押しの強い弁護士などが間に入れば利子をなくしてもらうことも可能になりますので、できるだけ専門家に手続きを任せてしまうことをおすすめします。

自分で任意整理を行う際のもうひとつのデメリットは、手続きを開始する前よりも取り立てが厳しくなる可能性もあることです。

また、今まで利息だけはなんとか払ってきた人でも、任意整理と言っただけで急に早期の返済を迫ってくる場合などもよくあります。

弁護士などは手続きを依頼するとそれなりの費用を請求してきますが、自分だけで任意整理を行う場合の精神的な重圧などを考えればそれほど高いものでもないと思います。

いい専門家を選ぶ

弁護士事務所や司法書士事務所の中にはリーズナブルな価格で手続きを取り扱っているところもたくさんありますので、インターネットなどで情報を収集して比較・検討しながら実績のある信頼できる事務所を選ぶようにしたいものです。

任意整理に当たっては依頼した弁護士(あるいは司法書士)といろいろ相談しなければならないことも多いので、できるだけ通いやすい場所にオフィスのある事務所を探すことも大切だと思います。

知り合いなどにいい弁護士を紹介してもらうのもいい方法です。

一度専門家に任意整理の手続きを依頼してしまえば、金融業者の方も取り立てはできなくなるというメリットがありますので、うんざりするような取り立てで落ち着いて生活もできないような状態に陥っている人はすぐにでも専門家に相談をもちかけてみることをおすすめします。

きっと後になってから「専門家に任せてよかった」と納得するはずです。


任意整理について

自己破産の相談員
メールで自己破産の無料相談