任意整理TOP > 

任意整理とおまとめローンの違い

当サイトでは、365日24時間、借金に関する相談を専門相談員が無料で受け付けています。

借金のトラブルで悩んでいる人はかなり多いものですが、問題が問題なだけに家族にも打ち明けられずに一人で苦しむケースもしばしばあると聞きます。

借金というものは順調に返済しているうちはそれほど苦にならないものですが、1ヶ月でも返済につまずいてしまうとそれを挽回するには多大な労力を必要とします。

中には、不足分を他社から借金して返済に回すことを繰り返すという悪循環に陥ってしまうこともあるようです。

こうなってくると毎月毎月いくら返済をしてもいたずらに借金額が膨れ上がっていくということになります。

このような多重債務の状態に陥ったら、思い切って借金の整理をしないと最終的には自己破産の手段を選択するしかなくなってしまいます。

自己破産に陥る前に、まずは現在の借金をきちんと整理して一からやり直す方針を立てることが大切です。

一元化とは

借金の整理方法には任意整理などの債務整理、あるいは一元化があります。

一元化というのはいわゆる「おまとめローン」のことです。

たとえば数社の金融業者から数百万円の借金をしており、返済もおぼつかないといった場合にはこの一元化を考えてみるのもいいアイディアです。

一元化とは数社の借金を利息の低い一社にまとめることによって月々の返済額を少なくし、生活の再建を図ることを言います。

たとえば現在18%~15%の融資利率で借りている借金を10%のローンにまとめてしまえば、返済年数を変更しなくても毎月の返済額は確実に少なくなることになります。

おまとめローンは消費者金融の他、銀行などでも扱っていますので、一度融資利率や借入限度額などについて比較・検討してみることをおすすめします。

一元化か任意整理か

ただし、ローンの一元化をするにはそれなりの厳しい審査を通過しなければならないというネックがあります。

審査の基準の中でも特に重要なのは「勤続年数」です。

少なくとも1年以上の勤続年数がないとおまとめローンの融資を受けることは非常に難しいと思います。

また、ブラックリストに掲載されているとやはり審査の段階ではねられてしまいます。

返済が3ヶ月以上滞納している人などは、このブラックリストに掲載されていると思って間違いありません。

任意整理をする場合には一元化と違って審査などもありませんので、審査に通らなかった人は任意整理を行なって身辺を整えるという方法もあります。

任意整理は裁判所を通さずに金融業者と直接交渉することになるため、手続きは弁護士や司法書士などといった専門家に任せるのが任意整理成立の為の近道です。


任意整理について

自己破産の相談員
メールで自己破産の無料相談