任意整理TOP > 

任意整理と任意売却

当サイトでは、365日24時間、借金に関する相談を専門相談員が無料で受け付けています。

世の中には、現金でマイホームを買える人はかなり少ないものです。

ほとんどの人は住宅ローンを組んで月々返済を行いながらマイホームを手にします。

しかし勤め先の倒産や突然の事故、病気などといった理由から毎月の返済を続けていけない状態に陥るケースもあります。

また、頼みにしていた残業代やボーナスがカットされてしまった、あるいはリストラなどでローンを返済していくのが難しくなったという人も決して少なくはありません。

こういった場合、ずるずると返済を遅らせてしまえば抵当になっているマイホームを取り上げられてしまうことになります。

最悪の事態に陥る前に何らかの手を打つことを考えなければなりませんが、その方法としては「任意整理」と「任意売却」の2つが考えられます。

任意売却とは

任意売却とは住宅ローンの支払いを続けることができなくなった人が不動産を処分する手続きのことを言いますが、これはあくまでも金融機関との合意に基づいて行われなければなりません。

通常、住宅ローンを借りる際には融資の担保として購入した不動産を抵当権に設定しているため、この抵当権を解除してもらわないと該当する不動産を売ることができないようになっています。

任意売却のメリットは、競売にかけられる前に不動産を売却するので市場相場に近い価格で売ることができるということです。

また、不動産を売却する際に必要な諸費用(仲介手数料やマンションの管理費・修繕積立金の滞納分など)は債権者が支払うことになるため、本人の持ち出し負担分がありません。

任意整理のメリット

ただし任意売却をするということはマイホームを手放さなければならないわけですから、「家族もいることだからどうしても不動産は失いたくない」と考えている人には不向きの方法と言うことができます。

その場合には任意売却よりも任意整理の手続きをすることを考える方がいいと思います。

任意整理なら住宅ローンはそのまま生かしておいて他の債務だけを整理することも可能です。

他の借金を任意整理して月々の負担を軽くしておいて、住宅ローンの「リスケジュール」を行うのもいいアイディアです。

金融円滑化法に添って住宅ローンの返済猶予を申請することができるようになりましたので、ぜひ上手に活用することをおすすめします。

たとえばボーナスが激減してしまった場合にはボーナス払いをやめて毎月の返済額をその分増やすといったこともできますし、返済期間を延長して毎月の返済額を減らすこともできます。


任意整理について

自己破産の相談員
メールで自己破産の無料相談