任意整理TOP > 

任意整理の方法

当サイトでは、365日24時間、借金に関する相談を専門相談員が無料で受け付けています。

任意整理はいくつかある債務整理の中でも貸金業者との直接交渉が必要となる方法ですので、通常はできるだけ弁護士や司法書士などといった専門家に任せる人が多いようです。

ですから、まずはどのぐらいの借金をどういった金融業者からしているのかを自分でだいたいまとめておき、このデータを持って専門家に相談に行くのが最良の方法ということができます。

相談をした上で任意整理の手続きを専門家に依頼するとなれば、専門家の方で債権者への「受任通知」をしてくれます。

この受任通知を受け取った債権者はその時点で取り立て行為ができなくなりますので、日ごろしつこい取り立てに悩まされていた人はほっと一安心といったところです。

基本的には、専門家にすべてを任せてしまえば後は金融業者と直接やり取りする必要はまったくありません。

債務確定と返済案

「受任通知」を行った次には現在の正確な借金状況を把握するために、専門家が「債務確定」という手順を踏みます。

この債務確定後の債務額に従い、今後の返済計画を立てていくことになります。

任意整理という手続きは借金をチャラにするために行うものではなく、現在高利率で借りているお金の不当な利息を整理して今後の返済計画を立てていくものですから、たとえば3年、あるいは4年といった目安を立てて、返せる範囲での返済計画を専門家と相談して立てることになります。

返済案が決定した時点で、これを専門家が債権者に提示し、承諾を請います。

債権者の方が承諾すればそこで示談が成立し、新しい返済金を毎月払っていくことになるわけです。

弁済案はきちんと守る

いったん弁済案が決定すればそれに基づいて返済をしていかないと再びトラブルに見舞われてしまい、元の木阿弥となってしまいますので、必ず自分で返済が可能な案を提示することが肝心です。

ですから任意整理後の収入や生活状況、出費状況などもよく考慮した上でフレキシブルな弁済案を作成しなければなりません。

弁済案には「一括弁済案」と「分割弁済案」の2種類がありますが、ふつうの場合は分割弁済案を選択することになります。

任意整理をしたからそれですべてが終わりなのではなく、整理をした後にどうやって生活を続けていくかを考えてみることも非常に重要です。

できることであれば、金融業者などから高金利でお金を借りて首が回らなくなるような事態に落ち込まない努力をすることが先決だと思います。

どうしてもお金を借りなければならない場合は、返済できる範囲で借りるのが鉄則です。


任意整理について

自己破産の相談員
メールで自己破産の無料相談