任意整理TOP > 

任意整理と保証人

当サイトでは、365日24時間、借金に関する相談を専門相談員が無料で受け付けています。

家族や友人が借金をする際の連帯保証人になるということは、万が一その家族や友人が返済できなくなった時には自分が代わって返済をします、と貸主に対して約定を結ぶことです。

しかしそれは、相当な覚悟を持たない限りは、踏み込むべきではない領域といえるようです。

家族や友人、つまりは保証をした相手が順調に返済を続け、完済の目途も立つようであれば何の問題もなく、連帯保証人に及ぶ悪影響などはありません。

ですがひと度、保証をした相手が返済につまずき債務整理をするに至った場合は、借金をした当人よりも厳しい現実に直面することにもなりかねません。

任意整理という比較的経度な債務状況に用いられる方法で借金整理を試みた場合でも、それに踏み切ったと同時に債務者に代わりその責任は、連帯保証人に容赦なくふりかかってきます。

連帯保証人をつける理由

任意整理の手続きを弁護士などの専門家が受任した段階で、債務者は取り立てを受けることがなくなります。

ですが連帯保証人には、その取り立て禁止効果が適用されないため、債権者は一斉に連帯保証人への取り立てを開始し、借金の一括返済を求めてくるようになります。

連帯保証人が返済可能な状況であれば問題ありませんが、そうでない場合は、一緒に任意整理などの手続きをする必要が出てきます。

ただし任意整理は、他の債務整理方法と違って整理の対象を選ぶことができるため、連帯保証人のついた借金を除外して進めることも可能です。

逆に債権者側は、任意整理の対象となることを避けるために、連帯保証人をつけさせようとします

その他にも、債権者側にとって連帯保証人がついているということは、様々なメリットがあります。

保証人と連帯保証人の違い

債権者は、もしも債務者から回収できる見込みがなくなった場合は、連帯保証人に借金の一括返済をいつでも請求することができます。

更に、債務者に換金できる財産があったとしても、換金には時間を要するため連帯保証人に先に請求を向けることもあります。

保証人にはこれらの請求に対し債務者を優先するべしとして拒む権利がありますが、連帯保証人にはその権利がないのです。

仮に債務者に代わって返済する運びとなっても、保証人でありそれが複数に及ぶ場合は頭数で分担できますが、連帯保証人は複数であってもそれぞれが全額返済をしなければいけません。

このように連帯保証人は、債権者に対して一切反論できないような立場となっており、それゆえ債権者は、確実な回収のため少しでも財力のある連帯保証人をつけさせる方向へはたらきかけるのです。


任意整理について

自己破産の相談員
メールで自己破産の無料相談