債務整理TOP > 

債務整理をするなら司法書士?弁護士?法律事務所を比較。

債務整理の中には自分で手続きを行う事ができる整理方法もありますが、書類の作成が大変だったり、手続きも煩雑なため、弁護士事務所や司法書士事務所に依頼するのが一般的です。

しかし、行う手続きが一緒でも弁護士に依頼するのと司法書士に依頼するのでは微妙に違ってくる場合があります。

このページでは弁護士と司法書士の債務整理をする際の違いや費用の違いなど、どちらの法律事務所に依頼すればいいのか分からない場合の判断基準を紹介しています。

直接金融業者と交渉する任意整理の場合

債務整理の中でも裁判所を通さず直接債権者と交渉する任意整理の場合は交渉権は弁護士も司法書士もどちらもありますので、大きな違いはありません。

ただし、司法書士(ここでは認定司法書士の事を指します)の場合、140万円以上の減額される場合の交渉はすることができません。

これは過払い請求も含め「経済的利益が140万以下」の場合は司法書士が代理で交渉する権利があるという決まりがあるためです。

ただ、勘違いをしている人も多いですが、「140万円以上の借金」ではなく「140万円以上の減額(もしくは過払い請求)」なので、債務整理をする方の大半が条件内に収まるため、よほど長い期間多額の借入をしていた人以外は気にしなくてもいいでしょう。

任意整理の場合はこの扱える額の違いしかありませんので、任意整理を依頼する場合は弁護士か司法書士ではなく、債務整理の費用などで比較するといいでしょう。

裁判所を通す「自己破産」「個人再生」の場合

自己破産や個人再生などの裁判所を通す債務整理を行う場合は司法書士と弁護士では大きく違って来る場合があります。

自己破産や個人再生は地方裁判所の管轄になりますが、司法書士は代理人になることができません。

弁護士に依頼した場合は裁判所での手続き等を全て弁護士に代理でやってもらう事が出来ますが、司法書士は書類の作成までしかできないため、裁判官、再生委員との面談は自分で行う必要があります。

さらに弁護士が代理人になっている場合、即日面接(自己破産の申請を行う日に面接も行う制度)で個人で手続きするより1ヵ月ほど早く自己破産が成立します。(一般的には自己破産の申請を行ってから面接までは1ヵ月~2ヶ月かかる)

こういった事から、裁判所を通す形の債務整理は弁護士の方がメリットが大きい場合もあります。

書類さえ作成してもらえば手続きは自分でやるという人は弁護士・司法書士の中から費用などで比較して選部のがいいと思いますが、全ての手続きを任せたいという人は弁護士に依頼するのがいいでしょう。

弁護士と司法書士の違いのまとめ

任意整理の場合は長い期間多額の借入をしていて、過払い金が140万以上発生している場合を除き、差はないため、債務整理の費用を比較するのがいいでしょう。(法律事務所によって同じ手続きでも数十万変わる場合があります。)

自己破産や個人再生は弁護士の方が比較的メリットが大きい。自己破産の費用や個人再生の費用を比較して、手間と料金も考えて比較するのがいいでしょう。

債務整理について

自己破産の相談員
メールで自己破産の無料相談