債務整理TOP > 

債務整理のデメリット・メリットまとめ

任意整理や自己破産、個人再生などの債務整理のメリット・デメリットを詳しく紹介します。

まず、どの借金整理方法にも共通してくるメリット・デメリットとして

借金が減るor借金が0になる

借金を整理するための方法のため共通するメリットは、自己破産では借金が0になり、個人再生や任意整理でも借金自体が減ったり、金利のカットや毎月の返済額が少なくなります。

ブラックリストに載ってしまう

共通するデメリットとして、どの債務整理手続きを行ってもブラックリストには載ってしまいます。5年~10年の間は新たなローンが組めなかったりクレジットカードが作れなかったりします。


後は手続きによってメリット・デメリットは変わってきます。自己破産は借金が0になるという大きなメリットの代わりに一時的な職業の制限や財産の処分などのデメリットもあります。逆に任意整理は大幅な減額は過払いがないと難しいですが、自己破産のような制限は一切ありません。

このように債務整理をする場合は自分の状況にあった債務整理の方法を選ぶのが大切ですが、何が自分に合っているのかを判断するのは難しいため、まずは債務整理の無料相談などを利用して司法書士や弁護士などの専門家に相談してみるのがいいでしょう。

各債務整理のメリット・デメリット比較&まとめ

下記の表は各手続きのメリットやデメリットをまとめた表になります。


自己破産 個人再生 任意整理
借金の減額 免責が下りれば全額 最大10分の1に減額 借入の金額や期間によって減額が異なります。
処分されます。 住宅ローン特別条項で残すことができます 残すことができます
処分されます。 ローンが残っている場合は回収されます。 残すことができます
家・車以外の財産 20万円を超える財産は処分 残すことができます 残すことができます
整理できる額の上限 なし 5000万円 なし
収入 なくてもできます 安定した収入がないとできません 安定した収入がないとできません
借金の理由 ギャンブルや浪費ではできません 制限はありません 制限はありません
業者からの
取立て
すぐ止めれます すぐ止めれます すぐ止めれます
手続き完了までの期間 約6ヶ月 約6ヶ月 2ヶ月~12ヶ月
借金の一部だけを整理 できません できません 可能
家族に知られる可能性 同居家族の収入を証明する書面の提出を求められる事があるので他に比べると知られる可能性は高くなります 郵便や電話を考慮してくれる司法書士や弁護士なら知られずに行う事ができる可能性が高い 郵便や電話を考慮してくれる司法書士や弁護士なら知られずに行う事ができる可能性が高い
個人での手続き 個人でも出来なくはありませんが期間がかかるほか、手続きも多い為、弁護士や司法書士に頼むのが一般的です 個人で出来なくはありませんが手続きがかなり煩雑なため、弁護士や司法書士に依頼するのが一般的です。 個人相手だと債権者はほとんど交渉に応じない為、弁護士や司法書士に依頼するのがほとんどです

債務整理について

自己破産の相談員
メールで自己破産の無料相談