過払いTOP > 

過払いとは

過払い金とは何か

「過払い(かばらい)」という言葉をよく聞くようになりましたが、この過払いとは一般的には代金や給料など、お金を払い過ぎることを言います。

しかし狭義には、法律に定められた以上の利息を払った場合のことを過払いと言うことが多いようです。

たとえばクレジットカード会社や金融業者からお金を借りた場合、必要以上に多い利息を払っているケースがしばしばあります。

この払い過ぎた分がいわば「過払い」というわけです。

長期間にわたって高金利でお金を借りている場合、過払い金が数百万円とばかにならない金額になることもあります。

過払い金は返還請求手続きをして戻してもらうべきお金ですので、自分にも過払い金がないかどうか一度チェックしてみる必要があります。

過払い金の例

たとえば金融業者から100万円のお金を借り、現在50万円の借金が残っているとします。

過払い金を計算したところ20万円あることがわかったら、この20万円は「払い過ぎ」なわけですから、50万円-20万円=残りの30万円だけを金融業者に返せばいいことになります。

また、同じく100万円のお金を借り、現在20万円の借金が残っているケースについても考えてみます。

過払い金を算出したところ28万円あることがわかった場合、20万円-28万円=8万円、つまり現在の時点で既に8万円を払い過ぎてしまっていることになります。

この場合は即、過払い金返還請求をして、8万円を返還してもらうように要求することができます。

過払い金に一般的な規則はない

この過払い金は「何年以上借金をしているからいくらいくら過払い金がある」といったような単純な基準があるわけではなく、借りたときの利息や借りている年数、毎月の支払金額などによってかなりの差が出てきます

また、取り引きの途中で一度完済してしまい、その後何年もたってから新たにお金を借りたような場合には過払い金がまったく発生しないこともしばしばあります。

過払い金返還請求に関しては多くの判決が出ていますので、法律に明るい人は自分のケースがどれにあてはまるのかを前もって調べてみるのもいいアイディアかもしれません。

いずれにしても、払い過ぎてしまったお金を請求するのは当然の権利ですから、過払い金が多いような場合には専門家に手続きを依頼してみるのもいいのではないかと思います。

専門家にいくらかの手数料を払ってでもそれだけの価値はあるはずですから、まずはいい専門家を探してみることをおすすめします。


過払いについて

過払いについてのQ&A

過払いのメリット・デメリット

過払いお役立ち情報

自己破産の相談員
メールで自己破産の無料相談