過払いTOP > 

過払いの相談、司法書士に依頼する理由

弁護士と司法書士の違い

過払い金返還請求は、ご自身でなさろうと思えば可能な手続きです。

とはいえ、案件によっては法律の専門家に依頼した方がよい場合も多々あります。

そうした時に、弁護士と司法書士のどちらに依頼すべきか悩まれる方も多いのではないかと思われます。

まず、同じように法律の専門家と言っても、弁護士と司法書士では、取り扱う事ができる業務内容に違いがあります。

司法書士は、裁判所や法務局、検察庁に提出する書類の作成と、それらについての相談などが主な業務で、いわゆる文書作成、登記業務のプロフェッショナルです。

対して弁護士は、民事裁判代理人、刑事裁判弁護人を制限なく行う事ができる資格なのです。

弁護士は、法的手続きを用いて紛争を解決するプロフェッショナルと言えます。

140万円以下なら司法書士も

司法書士は書類作成が主な業務ですので、過払い金の返還請求に必要な引き直し計算や書類の作成は依頼できますが、業者との交渉や裁判は依頼者ご本人が行わなければなりません。

もちろん弁護士は、全ての手続き、交渉においての代理人をつとめてくれますので、一筋縄ではいかないような複雑な案件では、非常に頼りになる存在と言えます。

ただし、法務大臣、司法書士会が認定した認定司法書士ならば、訴訟額が140万円以下の案件(簡易裁判)については、弁護士と同じように訴訟代理、和解交渉の代理を務める事ができます。

弁護士同様に、一連の業務が行えるのですから、比較的費用が手頃な司法書士に依頼するのは、賢い選択と言えるかもしれません。

なんと言っても司法書士は「町の法律家」と呼ばれ、弁護士に比べて身近な存在なのです。

お手頃な費用

少額の過払い金返還請求を法律のプロに依頼すると、着手金、成功報酬、実費といった費用がかかり、場合によっては取り戻した過払い金以上の出費をしなければならない場合もあると聞きます。

弁護士と司法書士では、どちらの費用がより安いのかといえば、案件によりけりで一概には言えません。

しかし、平均的には司法書士の方が安いと考えて差し支えないと思われます。

最近では、着手金が無料の司法書士事務所が多く、初期費用がかからなければ、経済的に厳しい状況にある方でも、手続きを依頼する事ができるというものです。

当然、過払い金が140万円を超えるような案件では、弁護士に依頼しなければなりません。

しかし、140万円以下の事例ならば、費用の安い司法書士の方が弁護士より数多くの依頼をこなし、経験豊富である場合も考えられます。


過払いについて

過払いについてのQ&A

過払いのメリット・デメリット

過払いお役立ち情報

自己破産の相談員
メールで自己破産の無料相談