過払いTOP > 

過払いの相談、弁護士と司法書士どっちを選ぶ?

専門家のメリット

過払い金返還請求を専門家に依頼する際に、弁護士にしようか司法書士にしようか迷ってしまう人は多いと思います。

一般的には弁護士の方がいくらか費用が高いという傾向があるようですが、事務所によっても手続きにかかる費用はまちまちのため、一概にはどちらがいいとは言えません。

過払い金返還請求は示談だけで温和に終了することは少なくなっており、訴訟に持ち込まれるのが普通ですが、金融業者と渡り合うには押しの強い弁護士の方が心強いという意見もけっこうあります

ただし、司法書士の中にも数百件、数千件の過払い金返還請求を行って成功裡に終了させている人もたくさんいますので、最終的には「優れた専門家」を探すことが問題となってきます。

司法書士と弁護士の違い

弁護士と司法書士の唯一の違いは、司法書士が扱えることのできるケースは訴額が140万円までのものに限られるということです。

ですから過払い金を概算してみて、訴額が140万円を超えるのであれば迷わず弁護士に手続きを依頼することをおすすめします。

ただし、過払い金が150万円程度の場合には請求額を140万円以内に収めてしまう司法書士などもおり、債務者本人がそれで納得できるのであれば司法書士に手続きを任せてしまうこともできます。

問題になるのは示談ではまとまらずに裁判に持ち込まれた場合です。

司法書士は簡易裁判所での訴訟代理権しか持っていませんので、最初は司法書士に頼んだけれど、裁判では新たに弁護士を立てなければならないといったケースも出てきます。

手続きにかかる費用

弁護士・司法書士とも過払い金返還請求にかかる費用は「着手金」「成功報酬」「実費」の3種類です。

着手金は通常の場合、前払いのところが多いようですが、前払いのできない場合には過払い金を取り戻した時点で精算する事務所もけっこうあるようです。

成功報酬は弁護士か司法書士か、あるいはどの事務所かによってかなり違ってきますので、まず始めに確認をしておくことをおすすめします。

自分で手続きをすればまったくかからない成功報酬ですが、過払い金が多ければかなりのお金を専門家に持っていかれることは覚悟しなければなりません。

実費には通信費や裁判費用などが含まれていますが、事務所によってはかなりの高額を実費として請求してくることもありますから、後々からトラブルにならないように最初に実費の内容についてよく話しあっておくことをおすすめします。

遠隔地の専門家に依頼する場合には特に注意が必要です。


過払いについて

過払いについてのQ&A

過払いのメリット・デメリット

過払いお役立ち情報

自己破産の相談員
メールで自己破産の無料相談