過払いTOP > 

過払いの相談、弁護士を選ぶポイント

こんな弁護士もいる

過払い金返還請求をする人は多くなりましたが、それと共に増加したのが弁護士などの専門家との間に起こるトラブルです。

信じられないことですが、弁護士の中には取り戻した過払い金の返金額をごまかして一部を着服してしまうケースなどもあります。

また、「費用」という名目で多額のお金を取られたけれどその内容があいまいであったり、高い着手金を払ったのになかなか手続きを開始せずに長期間放置していたりする弁護士もいますし、依頼者の意向を無視して勝手に債権者と和解する弁護士もいます。

弁護士に手続きを依頼すれば100%解決すると思っている人も多いと思いますが、実際には悪質な弁護士も少なからず存在しますので注意が必要です。

後から不快な思いをしないためにも、弁護士選びは慎重に行いたいものです。

弁護士を選ぶ際にはまず面談

まず、弁護士に手続きを依頼する際には、直接面談することも大切です。

電話だけで済ませてしまおうとする弁護士もいるようですが、事務所に赴いて事務所の雰囲気や応対の様子、弁護士の人柄などもしっかり見極める必要があります。

お金がないから一刻も早く過払い金を取り戻したいと思っている人もいると思いますが、「急がば回れ」、冷静に状況を見てから判断を下すようにしたいものです。

弁護士にはそれなりの費用も払うのですから、依頼者の要望をしっかりと把握し、質問や疑問にも誠実に答えるのが弁護士の責務というものです。

直接の面談を嫌がるような弁護士は信頼に値しないので、避けることをお勧めします。

信頼できる弁護士を選ぶ

以前は過払い金返還請求をしてほぼ100%の金額が戻ってくることもありましたが、金融に関する法律が大幅に変わり、請求が殺到した現在では、手続きを行なっても思い通りの額が返還されるのは難しい状況です。

ましてや、依頼した弁護士に問題がある場合はなおさらです。

法を遵守し依頼者の利益を最優先する立場にあるべき弁護士のなかにも、金融業者と共謀して依頼者である債務者にいちじるしく不利になるような和解案をまとめようとする弁護士もいます。

横柄な態度や人の話を聞こうとしない、疑問点に対して丁寧にかつわかりやすく答えてくれない弁護士などは避けたほうが無難です。

同じ場所で長期間事務所を構えていて地元でも評判がいい弁護士やサイト上の口コミ情報でも高く評価されていて実績・経験とも豊富な弁護士などはある程度信用できるといえますが、最終的は実際に面談し自分の目で確かめて判断することが弁護士選びの重要なポイントです。


過払いについて

過払いについてのQ&A

過払いのメリット・デメリット

過払いお役立ち情報

自己破産の相談員
メールで自己破産の無料相談