過払いTOP > 

過払いはなぜ発生するのか

過払い金の請求

不景気が長期間続いたこともあり、多重債務で悩んでいる人はけっこう多いものです。

この多重債務の状態を解消するには「任意整理」や「自己破産」などといった債務整理を行うのがいちばんですが、その前にまず過払い金があるかどうか、あるとすればどのぐらいの金額なのかをチェックしておく必要があります。

過払い金を算出してみた結果、かなりの金額に上るような場合には債務整理を行う前にまずこの過払い金の請求手続きを行うこともできます

上手に過払い金請求を行えば思いがけない金額が手元に戻ってくることもあり、現在の生活が一度に好転する可能性がないこともありませんので、おっくうがらずにトライしてみることをおすすめします。

過払い金の発生する理由

過払い金が発生してしまう理由は、「利息制限法」と「出資法」というふたつの法律の間の微妙なズレが原因となっています。

たとえば利息制限法では金利の上限が15~20%と定められていますが、これを超えても刑事罰は特にありません。

一方、出資法ではこの上限金利が29.2%と決められていました。

この29.2%を超えた金利でお金を貸した場合には「5年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金」という刑事罰があったため、ほとんどの金融会社はこの29.2%を超えない範囲で、しかも利息制限法に定められた限度を超えた利息でお金の貸し付けをしていました。

この両者の間に当たる金利は「グレーゾーン金利」と呼ばれ、長い間消費者にとってはネックとなっていました。

心当たりのある人は確認をしておく

このグレーゾーン金利で払い過ぎた分のお金がいわば過払い金ですが、現在では「改正貸金業法」が完全施行され、グレーゾーン金利が撤廃されました。

ですから、現在過払い金が発生する可能性のある人は、この改正貸金業法が施行された以前にお金を借りた人ということになります。

過払い金は消費者金融をはじめ、クレジットカードのキャッシングでも発生する可能性がありますので、心当たりのある人は一度確認してみることをおすすめします。

特にリボルビング払いでキャッシングの返済をしている場合、知らず知らずのうちに過払い金が発生している可能性があります。

少額だからと目をつぶらずに、きっちりと引き直し計算をして過払い金が発生しているのであればちゃんと取り戻すことをおすすめします。

過払い金払戻請求手続きは自分でも行うことができます。

入金の管理ももちろんですが、出金の管理もしっかりと行いたいものです。


過払いについて

過払いについてのQ&A

過払いのメリット・デメリット

過払いお役立ち情報

自己破産の相談員
メールで自己破産の無料相談