過払いTOP > 

弁護士による過払い処理

過払い処理は弁護士がいちばん

過払い金返還請求で納得のいく金額を返還してもらうことは年々難しくなってきています。

法の改訂などに伴ってグレーゾーン金利でお金を貸すことができなくなった金融業者は、多額の過払い金返還も手伝って経済的にかなりのダメージを受けています。

できるだけ有利な条件で過払い金を返還してもらうためには、やはり経験豊かな弁護士に手続きを依頼してしまうのがベストです。

弁護士に手続きを任せてしまえば、その事実を金融業者が知った時点で債務者への直接の取り立てはできなくなります。

たとえ債務の返済が延滞していても催促の電話や郵送物の送付などはできなくなりますから、しつこい取り立てに困りきっている人はこれだけでも「弁護士に依頼してよかった」と思うはずです。

弁護士のメリット

また、弁護士は過払い金返還請求などを何十回、何百回も行っているプロですから、取引履歴の開示請求や引き直し計算などもすべてスピーディーにやってくれますし、もちろんミスもありません。

過払い金返還請求に慣れている弁護士であれば金融業者の方も無理な示談を提示してくることもなく、訴訟に持ち込まなくてもリーズナブルな条件で和解に至ることも稀ではありません。

裁判所に訴訟を持ち込んだ場合には返還してもらうまでの期間がさらに長引いてしまいますから、できるだけ早く過払い金を取り戻したいという人は弁護士に手数料を払ってでもスムーズに返還請求を行うのが得策です。

また、万が一訴訟にもつれ込んでも弁護士がうまく立ち回ってくれますので、何も心配する必要はありません。

弁護士にかかる費用

弁護士にかかる費用はもちろん事務所によっても違いますが、着手金としては2~4万円程度が相場のようです。

これは1件あたりの金額ですので、たとえば過払い請求先が4社ある場合には8~16万円の着手金が必要となってきます。

弁護士の費用で最も高いのは成功報酬ですが、これは安いところで15%、高いところで20%が普通です。

取り戻した過払い金が100万円だとすると15~20万円が弁護士の収入ということになります。

決して安い金額ではありませんが、自分で返還請求を行った場合のストレスやトラブルなどを考えればリーズナブルな額だと言うことができます。

また、これらの費用とは別に実費がかかることもあります。

実費には電話代や郵送代、収入印紙代、登記印紙代、予納郵券、人件費などが含まれています。

成功報酬の中に実費が含まれている事務所もありますので、最初に確認したいものです。


過払いについて

過払いについてのQ&A

過払いのメリット・デメリット

過払いお役立ち情報

自己破産の相談員
メールで自己破産の無料相談