過払いTOP > 

なぜ過払いが発生するのですか?

なぜ過払いが発生するのですか?
 

過払いが発生した背景にはグレーゾーンと呼ばれている利息制限法の上限金利と貸金業法の上限金利の間の金利が関係しています。
具体的には
元本が10万円未満の場合:年20%~29.9%
元本が10万円以上100万円未満の場合:年18%~29.9%
元本が100万円以上の場合:年15%~29.9%
本来お金を貸す場合には「利息制限法」の上限金利を超えてはいけないんですが、みなし弁済と呼ばれる条件を満たした場合利息制限法を超える利息も取っていいという規定がありました。
簡単に言ってしまえば「お金を借りる人が任意で支払った場合は利息制限法を超えていてもいいよ」という規定です。
このみなし弁済があった事で、以前はほとんどの消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠などはグレーゾーン金利で貸し付けしていました。

なぜ今になってグレーゾーンの金利が過払いになったんですか?
 

2006年に最高裁判所が金融業者の貸付は「みなし弁済」の条件を満たしているとは言えないという判決を出したことがきっかけで過払いというものが発生しました。
みなし弁済の条件の一つでもある「お金を借りる人が任意で支払った場合は利息制限法を超えていてもいい」部分ですが、消費者金融でお金を借りる場合、事実上任意としても、制限超過部分を自己の自由な意思で払ったとは言えない。という事です。
この判決が出たことで、グレーゾーン金利でお金を借りていた人は、利息制限法を超過した分の金利を請求できることになりました。

なぜ過払いが発生するのですか?まとめ

以前はグレーゾーン金利でも貸し付けが出来たが、2006年の最高裁判所の判決により、グレーゾーン金利は規定に沿っているとは言えないため、請求されたら返還しなければいけないという事になった。

この時点で「過払い金」が発生し、過払い金請求が殺到した。


過払いについて

過払いについてのQ&A

過払いのメリット・デメリット

過払いお役立ち情報

自己破産の相談員
メールで自己破産の無料相談