自己破産TOP > 

自己破産に必要な書類にはどのようなものがありますか?

当サイトでは、365日24時間、借金に関する相談を専門相談員が無料で受け付けています。

自己破産にはどのような書類が必要ですか?
 

自己破産を申立てる際には、大きく分けて2種類の書類が必要となります。
1つは、「必要書類」と呼ばれるものです。これは、裁判所に行くことで入手することができます。
もう1つは、「添付書類」と呼ばれるものです。こちらは、ご自身で用意することになります。

必要書類と添付書類には具体的にどのようなものがありますか?
 

まず、必要書類から説明いたします。
  必要書類には、「破産申立書」「免責申立書」「陳述書」「債権者一覧表」「財産目録」「家計表」というものがあります。
「破産申立書」と「免責申立書」には、債務者(破産申立人)の「氏名・生年月日・本籍・住所・連絡先・申立ての趣旨や理由・申立人の経歴・家族関係・申立人の収入や生活状況・借金の時期・借金の総額・所有している財産など」を記載します。
「陳述書」には、「借金をした理由、破綻に至った理由など」を詳細に作文のような形式で作成します。この陳述書は非常に重要視されるために上手にまとめようとして短く書こうとせず、正直に具体的に、「どうしてなのか、なぜなのか、など」素直に記載することが大切です。

必要書類では、債務者の生活状況に関する書類が多いのですね。
 

次に、添付書類について説明いたします。
添付書類には、「住民票、戸籍謄本、給与明細の写し、源泉徴収表の写し、賃貸借契約書の写し、自動車の査定書、クレジットカードなど」があります。
添付書類については各地方裁判所の申立て内容や申立人の状況によって違いがあります。

添付書類では、債務者の財産に関する書類が多いようですね。証明書の発行や査定があるので準備に時間がかかりそうですね。
書類を作成する上での注意点などはありますか?

必要書類や添付書類の書式、形式や必要となる書類は、全ての裁判所で共通ではなく異なるため、事前に裁判所で確認する必要があります。
また、提出書類に不備があると受理されないので何度もチェックをする必要があります。

提出書類を自分で作成することはできますか?
 

債務者自身で書類を作成することはできますが、多くの書類の準備がある上に、書類に不備がないかのチェックを自分でやると非常に労力を要します。弁護士などに依頼される場合には、そのような労力を省くことができ、破産申立ての手続きを円滑に進めることができます。

自己破産に必要な書類にはどのようなものがありますか?のまとめ

自己破産に必要な書類は大きく分けて「必要書類」と「添付書類」がある。
「必要書類」には、債務者の生活状況に関するものが多く、「添付書類」には、債務者の財産に関するものが多い。

必要な書類は、各地方裁判所によって異なるため確認が必要。

手続きを円滑に進めるためには、弁護士などに依頼して書類を作成してもらったほうが良い。


自己破産100の質問

自己破産の相談員
メールで自己破産の無料相談