自己破産TOP > 

ローンが苦しいので自己破産することはできますか?

当サイトでは、365日24時間、借金に関する相談を専門相談員が無料で受け付けています。

ローンの返済が難しくなってしまった場合に自己破産をすることはできますか?
 

はい。
ローンの返済が難しくなってしまった場合でも自己破産をすることができます。

ローンの種類は住宅ローンやマイカーローン、教育ローンなどありますがどのローンでも同じように自己破産することができますか?

そうですね。どのローンでも借金であることには変わりがないので自己破産することができます。

住宅ローンが残っている場合にはどのようになりますか?
 

自己破産をすると、持家がある場合には、持家が売却され破産財団として債権者に分配されます。また、持家に抵当権が設定されている場合には抵当権の権利者が優先的に 返済を受けます。

自己破産をしたら住宅を手放さなければならないのですか?
 

手放すことになります。
すぐに出て行かなければならないわけではなく、家が売却されるまでには6ヶ月~1年ほどかかるので、その間に新しい住居を決めることになります。

マイカーローンが残っている場合にはどうなりますか?
 

マイカーローンが残っている場合には、車の所有権はローン会社にあるので車はローン会社に引き渡されることになります。

マイカーローンを完済している場合にはどうなりますか?
 

車を7年以上使用していたり、車の評価額が20万円以下の場合には処分の対象外になりますので車が手元に残ることになります。

自己破産する際に何か注意しておくことはありますか?
 

ローンで何かを購入した際、そのローンを完済するまでは購入した物の所有権はローン会社にあります。従って、もし、ローンで購入した物をローンの完済前に売却してしまうと、ローン会社に対する詐欺罪にあたる可能性があり免責を受けられない可能性があります。
また、自己破産をする直前に特定のローンだけ完済させてしまうと免責不許可事由にあたり、免責を受けられない可能性があります。

ローンが苦しいので自己破産することはできますか?のまとめ

ローンの種類に関係なく自己破産をすることができる。

住宅ローンやマイカーローンが残っている場合には家や車を手放さなければならない。

ローンを完済するまで、購入した物の所有権はローン会社にあるので売却をしてしまうと詐欺罪に問われる可能性がある。


自己破産100の質問

自己破産の相談員
メールで自己破産の無料相談