自己破産TOP > 

自己破産と任意整理は何が違いますか?

当サイトでは、365日24時間、借金に関する相談を専門相談員が無料で受け付けています。

自己破産と任意整理ではどのような違いがありますか?
 

自己破産は裁判所を通して行い、全ての債権者に対して有効なため免責を受けることができれば借金をゼロにすることができます。
自己破産に対して、任意整理では、話し合いの上、合意が成立した債権者との間でのみ有効になります。
逆の言い方をすれば、自己破産は、債権者を選んで債務整理をすることができず、任意整理は債権者を選んで債務整理をすることができると言えます。

特定の人に債務整理を行ったことを知られたくない場合には、任意整理のほうがよさそうですね。
他になにか違いはありますか?

自己破産手続が終了し免責が受けられた場合には借金がゼロになるので、その後の支払いはなくなります。
しかし、任意整理の場合には借金がゼロになることはなく、減額された借金を3年程度で計画的に返済していく必要があります。

任意整理では、返済を続けていかなければならないのですね。
返済ができない場合にはどうなるのですか?

任意整理をすることができる条件として、返済にあてる収入があることや任意整理後に返済を続けていく意志があることなどがあります。
そのため、返済ができない場合には、任意整理することができませんし、債権者側と合意することができないことが予想されます。
このような場合には、自己破産をすることになるでしょう。

任意整理では、返済ができることが前提なのですね。
自己破産と任意整理で共通する部分はありますか?

共通する部分は、信用情報機関へ登録されてしまうことです。信用情報機関へ登録されると、5年~7年は新たな借金をすることができなくなったり、クレジットカードを作成することができなくなったりします。

自己破産と任意整理は何が違いますか?のまとめ

自己破産は裁判所を通し全ての債権者に有効になるが、任意整理では合意が成立した債権者のみに有効になる。言い換えれば、自己破産は全ての債権者に債務整理の事実を知られてしまうが、任意整理では債権者を選んで任意整理することができる。

自己破産では免責を受けることができれば借金をゼロにすることができる。任意整理では、借金がゼロになることはなく、3年程度で計画的に返済していかなければならない。

自己破産も任意整理も信用情報機関へ登録されてしまうため5年~7年は新たに借金をしたり、クレジットカードを作成することができなくなってしまう。


自己破産100の質問

自己破産の相談員
メールで自己破産の無料相談