自己破産TOP > 

自己破産にかかる期間はどれぐらいですか?

当サイトでは、365日24時間、借金に関する相談を専門相談員が無料で受け付けています。

自己破産にかかる期間はどれぐらいですか?
 

自己破産の種類によって変わりますが、同時廃止の場合、3~4か月。管財事件の場合、6か月~1年になります。

種類によってかかる期間が大きく違うんですね。管財事件は財産の処分などに期間がかかるんでしょうか?

そうですね、不動産の競売や財産の処分に時間がかかるため、自己破産が成立し、免責を受けるまでに時間がかかってしまいます。

最短でも3ヶ月、長いと1年かかってしまうという事ですが、この間も返済はしていかなければいけないのでしょうか?

いいえ、自己破産が完了するまで返済をするわけではなく、自分で手続きをする場合は破産手続開始決定の時点で金融業者は取立てが出来なくなるため、破産手続き開始決定になれば取立ては止まります。

破産手続開始決定というのはどれぐらいの期間で決定するのですか?
 

破産手続開始決定は自己破産に必要な書類を提出したあと、裁判所で破産の審尋(審問)を受けます。書類に不備がなく、免責不許可事由に該当しなければこの決定が下ります。
ここまでの期間は裁判所にもよりますが2ヶ月ぐらいです。

自己破産をしようと思っても、2ヶ月ぐらいは返済を続けないといけないんですね。先ほど個人での自己破産の場合という事でしたが、弁護士や司法書士に依頼する場合は違うんでしょうか?

はい、弁護士や司法書士に依頼する場合、依頼を受けた時点で金融業者に介入通知を送るため最短即日に取立てが止まります。

個人で手続きする場合と大きく変わりますね。
 

そうですね、取立てをすぐに止められる点は弁護士や司法書士に依頼する大きなメリットかと思います。

自己破産にかかる期間はどれぐらいですか?のまとめ

自己破産にかかる期間は同時廃止手続きで3ヶ月~4ヶ月、管財事件の場合は6ヶ月~1年。

この期間は自分で自己破産の手続きをしても、弁護士や司法書士に依頼しても大きくは変わらないが、弁護士や司法書士に依頼した場合は「介入通知」を送るため、取立ては最短即日で止まる。

個人で手続きを行う場合は破産手続開始決定まで2ヶ月ほどかかるため、その間は取立てがある。


自己破産100の質問

自己破産の相談員
メールで自己破産の無料相談