自己破産TOP > 

自己破産しても住宅に住むことはできますか?

当サイトでは、365日24時間、借金に関する相談を専門相談員が無料で受け付けています。

自己破産をしても、現在所有している住宅に住み続けることはできますか?
 

不動産は財産とみなされ処分されるために住み続けることはできません。
 

どうしても今の住宅を手放したくないときはどうすればいいですか?
 

その場合には自己破産ではなくて個人再生で借金を整理する方法があります。
住宅ローンを除いて負債総額が5000万円以下であるという条件がつきます。
メリットとしては借金が大幅に減額される、住宅を手放さなくてもよい、差し押さえ・競売の停止が可能という点があります。
しかし、借金がなくなるわけではないので返済を続けていかなければなりません。

他に住み続ける方法はありませんか?
 

親族や知人に住宅を買い取ってもらいその後借りれば住み続けることができます。

自己破産をしたあとすぐに住宅を出て行かなければならないのですか?
 

すぐに出て行かなくても大丈夫です。
住宅の処分が決定するまでには早くても6ヶ月長くて1年かかるのでそれまでは住み続けることができます。

住宅ローンが残っている場合にはどうなりますか?
 

住宅ローンが残っている場合には住宅の所有権はローン会社にあるのでローン会社に引き渡されます。

破産申立から、住宅を処分するまでの流れはどのようになっていますか?
 

まず、債務者が破産申立を行います。その後、破産手続開始決定がなされ、財産がある場合には破産管財人が選任され管財事件となります。
そして、破産管財人によって不動産の任意売却または競売が行われます。これにより、買い手が決まると不動産の処分が完了します。

自己破産しても住宅に住むことはできますか?のまとめ

不動産は財産とみなされるため処分されるために、現在住んでいる住宅に住み続けることはできない。

処分されるといってもすぐに出て行かなくてはいけないわけではなく6ヶ月~1年ほど時間がある。

どうしても今の住宅に住み続けたい場合には、自己破産ではなく個人再生を行う必要がある。または、住宅を親族か知人に買い取ってもらい借りて住む。


自己破産100の質問

自己破産の相談員
メールで自己破産の無料相談