自己破産TOP > 

同時廃止とはなんですか?

当サイトでは、365日24時間、借金に関する相談を専門相談員が無料で受け付けています。

同時廃止とはどのようなものなのですか?
 

同時廃止とは、債務者に換価する程の財産がなく、破産管財人を選んで財産を換価しても、破産手続きを進めていく上で必要な費用を払うことや債権者への配当のための費用にもならないと予想される場合に、裁判所が破産管財人を選任せず、破産決定と同時に破産手続きを全て終了することを言います。

同時廃止と管財事件の違いはどのような点ですか?
 

管財事件では、破産管財人に債務者に属する財産の管理処分権は全て破産管財人に移ることとなります。その上で、破産財団の管理、調査、換価が行われるので、破産手続きが終了するまでに時間がかかります。
  同時廃止では、破産手続開始決定と同時に破産管財人を選任することなく破産手続きを終えてしまいます。そのため、破産管財人にかける費用や手間を省き、手続きを円滑に進め、破産者の負担を軽くするための制度です。

同時廃止と管財事件ではずいぶんと違いがあるのですね。
破産者にとっては同時廃止のほうが良いと思うのですが、基準などはあるのですか?
 

各裁判所や破産者の状況によって異なりますが、破産者の財産の総額が50万~100万円以下の場合には同時廃止となります。
基準が曖昧なので弁護士や司法書士などの専門家に依頼し調査をしてもらったほうが良いでしょう。

同時廃止になるのと管財事件になるのでは大きく違ってくるので1度専門家に相談をしたほうがよさそうですね。
同時廃止になった場合には、破産者の財産はどうなるのですか?

同時廃止になれば、破産手続開始決定時に破産者が持っていた財産の所有権は、そのまま破産者になりますし、破産手続開始決定後に取得した財産も本人の物となります。

財産がそのまま自分のものになるのは大きいですね。
自己破産手続きを行う人の中で同時廃止になる人の割合はどの程度ですか?

自己破産手続きを行う個人の方は、既に財産や資産を使い果たしてしまった人がほとんどです。そのため、同時廃止になる人の割合は、約90%といわれています。

同時廃止とはなんですか?のまとめ

債務者に換価する程の財産がなく、裁判所が破産管財人を選任せず、破産手続開始決定と同時に破産手続を終了することを同時廃止という。

管財事件とは異なり、破産管財人による破産財団の管理、調査、換価などの手続がないために破産者への負担が少なく、破産手続が円滑に進められる。

基準が各裁判所や破産者の状況によって変わってくるので詳しいことは弁護士や司法書士などの専門家に相談するのが良い。


自己破産100の質問

自己破産の相談員
メールで自己破産の無料相談