自己破産TOP > 

7年間は自己破産できないと聞きましたが本当ですか?

当サイトでは、365日24時間、借金に関する相談を専門相談員が無料で受け付けています。

自己破産をしてから7年間は自己破産をできないと聞きましたが、本当ですか?
 

本当です。詳しく言うと、破産開始手続をして破産者になることはできますが免責を受けられなくなります。
しかし、中には例外もあり、免責決定を受けてから7年以内であっても免責を受けられる可能性があります。

なぜ、7年間は免責を受けることができないのですか?
 

免責許可の決定を受けるためには、免責不許可事由に該当しないことが条件となります。
しかし、免責不許可事由の中に「免責許可の決定から7年が経過していないこと」という項目があります。そのため、1度目の免責から7年間は免責不許可自由に当たり免責が受けられないことになります。

例外とはどのような場合ですか?
 

免責不許可事由に該当していたとしても裁量免責によって免責が受けられる場合です。
裁量免責とは、どのような経緯で破産手続開始の決定に至ったのか、破産者がどのような態度であるかなどを考慮し、裁判所の裁量によって免責許可の決定をすることです。

具体的にはどのような場合が当てはまりますか?
 

破産手続に至った背景に子供や夫の病気、夫の急な失職などの予想外の出来事がある場合や貸金業者の厳しい取立てに屈して再度生じた借金である場合などが挙げられます。
自己破産手続は債務整理の最後の手段であるといえます。そのため、免責はできるだけ認めるようにすべきと考えられています。

7年間は自己破産できないと聞きましたが本当ですか?のまとめ

1度目の自己破産から7年間は免責不許可事由に該当するため免責許可の決定を受けられない。

破産手続開始に至った経緯などによっては裁量免責で免責許可の決定が受けられることがある。


自己破産100の質問

自己破産の相談員
メールで自己破産の無料相談