自己破産TOP > 

3分で分かる自己破産

当サイトでは、365日24時間、借金に関する相談を専門相談員が無料で受け付けています。

このページではここだけチェックすれば自己破産の事が大体分かるようなコンテンツになっています。

ただし、あなたの借入している金額や収入によって変わってくる部分もありますので、最終的には司法書士や弁護士などの専門家にご相談する事をおすすめします。

自己破産の手続きについて

自己破産の手続きは大きく分けて「借金を返していけないのを認めてもらう破産宣告」と「返せない借金を0にしてもらう免責」に分かれます。

自己破産の手続き開始からすべてが完了するまで早くて3ヶ月、時間がかかる場合は1年ぐらいかかります。

自己破産のメリット

借金が0になる

いくつかある借金を整理する方法の中でも借金を0にできるのはこの自己破産だけです。

自己破産後の収入は自由に使える

自己破産の手続きが終われば(正式には自己破産後に免責が下りれば)その後の給料などから返済などは一切ないため、借金をする前の生活に戻る事が出来ます。

自己破産のデメリット

自己破産のメリットは誰でも同じですが、デメリットになる部分は人によって変わります。

家を持っている場合は処分されます。

家やマンションを持っている場合は競売にかけられます。その代わり住宅ローンも0になります。
家だけは残したいという方は個人再生という手続きもあります。

車を持っている場合は処分されます。

ローンが残っている場合はローン会社に車を引き揚げられます。ローンが残っていない場合も財産と見なされ基本的には処分されます。

20万を超えるものは財産と見なされ処分されます。

基本的に20万を超えるものは財産と見なされ処分されますが、生活に必要な物に関しては処分されない場合もあります。
意外と見落としがちなところだと、積立型の生命保険や株券、ゴルフ会員権なども対象になります。

税金、健康保険、年金の滞納はなくなりません。

自己破産でも税金や健康保険、年金などの滞納分はなくなりません。その他では養育費や損害賠償(ケースによって変わります)もなくならない場合もあります。

官報に載ります。

政府が発行する新聞のようなものです。一般の人はまず見る事はないので、官報が原因で人に知られてしまう可能性は低いですが、ヤミ金はこの官報に載った住所にダイレクトメールなどを送ってくるので注意が必要です。

5年~10年はローンが組めません。

自己破産に限りませんが、借金を整理すると5年~10年はブラックリストに載るためローンが組めません。

自己破産の免責が下りるまで就けない職業があります。

警備員や生命保険募集人など免責が下りるまで就けない職業があります。該当する職業に就いているは注意が必要です。
自己破産の免責が下りるまで就けない職業の詳細

自己破産の費用について

自己破産の費用は自分で手続きをする場合と、弁護士や司法書士に依頼する場合で大きく変わります。

自分で手続きをする場合は3万円程度で済みますが、司法書士や弁護士に依頼すると20万~40万の費用がかかります。

金額だけを見ると自分で手続きをした方がかなり安く済みますが、依頼すると数十万する手続きと提出する書類の作成を全て自分で行わないといけません。

この提出する書類は裁判所が自己破産を認めるかどうかの判断に使う書類になります。自己破産は手続きをすれば誰でもできるものではなく、裁判所で認められなければ自己破産をすることができません。

自分で自己破産をする場合も事前に自己破産の無料相談などを利用するといいでしょう。

自己破産の相談・無料相談について

自己破産の相談や無料相談は弁護士や司法書士が行っており、相談の方法は「面談」「電話相談」「メール相談」があり、有料相談、無料相談があります。

仕事などで日中電話が出来ない人の為に24時間土日も対応している無料相談もありますが、24時間と書いてあっても夜間は電話番が居るだけで、受付だけして相談はまた後日という所もあります。

当サイトがオススメするのは「24時間専門の相談員が常駐」していて、いつでもその場で相談できる無料相談です。

24時間いつでもその場で相談できる為、仕事をしている方や日中時間が取れない方にはおすすめです。


自己破産100の質問

自己破産の相談員
メールで自己破産の無料相談