債務整理TOP > 

債務整理した場合、保証人の義務はどうなりますか?

当サイトでは、365日24時間、借金に関する相談を専門相談員が無料で受け付けています。

債務整理した場合、保証人の義務はどうなりますか?
 

どの債務整理手続きをするかによって変わってきますが、債務整理をした場合は保証人に返済義務が発生します。

債務整理の手続きによってどのように変わるんでしょうか?
 

まず借金の中でも保証人がいるものと、保証人が要らないもの(キャッシングなどの無担保ローン等)があります。自己破産や個人再生などの手続きだと、全ての借金を整理する事になるため、保証人がついている借金がある場合は保証人が返済しなくてはいけなくなります。
しかし、任意整理なら整理する借金を選ぶことが出来る為、保証人が付いている借金は整理せず、他の保証人が付いていない借金だけを整理すれば、保証人に迷惑はかかりません。

そうすると保証人がついている借金がある場合は、任意整理以外だと迷惑がかかってしまうという事ですね。

はい、そうなります。「家族に知られずに債務整理できませんか?」というご相談をよく頂くのですが、家族が保証人になっている場合は、任意整理以外だと知られてしまいますので、注意が必要です。

債務整理と保証人まとめ

自己破産や個人再生など、整理をする借金を選べないものに関しては、保証人がいた場合、返済義務は保証人に行ってしまいます。遅くとも債務整理の手続きに入る際には連絡しましょう。

任意整理なら整理する借金を選ぶことができるので、保証人が付いている借金だけを省いて任意整理する事が出来ます。ただし、自己破産や個人再生ほど大幅な減額や借金を0にすることは難しいので、ある程度返済能力がないと難しいと言えます。


債務整理の要点まとめ

各債務整理の値段をリサーチし表で比較。しっかり費用を確認しないと大きな差が出ます。

債務整理の費用まとめ

無料相談も多数ありますが、中には有料の法律事務所も。相談する前にチェックする項目一覧

債務整理の相談まとめ

各債務整理のメリット・デメリットを徹底解析。どの手続きがいいのか分からない人へ

債務整理デメリットまとめ

債務整理について

自己破産の相談員
メールで自己破産の無料相談